東洋医学の考え方

  • HOME
  • 東洋医学の考え方

東洋医学の考えでは「症状あり、異常なし」の本人は辛い「未病患者」の方は「気・血・水のバランス」と「心と身体のバランス」を取って健康と言えます。痛みの出た部分だけではなく、自分の身体を芯からいたわり、身体全体をよくする必要があります。
当店では下記の症状に合わせて、効果的な漢方を案内いたします。
是非お気軽にご相談ください。

循環器の訴え

循環器の訴え

高血圧、手の震え、耳鳴り、めまい、立ちくらみ、言語が不自由な方、低血圧、動悸がしょっちゅうある、顔面マヒ、不整脈と言われたことがある、認知症など

関節・神経の訴え

関節・神経の訴え

リウマチ、五十肩、ヒザ痛、腰痛、顔面神経痛、顔面マヒ、帯状疱疹痛、パーキンソン病、ベーチェット病、こう原病、偏頭痛、不眠、メニエル、めまい、ヒステリー、更年期障害、うつ病、自律神経失調症、飛蚊症、統合失調症、そう病、イライラ感など

呼吸器系のご相談

呼吸器系のご相談

風邪をひきやすい、ぜんそくが治らない、気管支炎、気管支拡張症、花粉症、肺に水がたまる

代謝に関するご相談

代謝に関するご相談

10kg以上減量すべき肥満、やせすぎ、貧血、バセドウ病、甲状腺機能障害、痛風、糖尿病、睡眠時無呼吸症、ガンに関する心配ごとなど

婦人科のご相談

婦人科のご相談

つわり、不妊症、子宮内膜症、卵巣のう腫、冷え性、流産癖、乳腺炎

皮膚のご相談

皮膚のご相談

アトピー、指掌角化症、レイノー病、掌蹠膿疱症、ひどいニキビ、しつこいじんましん、水虫、イボ、円形脱毛症

耳鼻のご相談

耳鼻のご相談

難聴、耳鳴り、滲出性中耳炎、蓄膿症、アレルギー性鼻炎、慢性へんとう炎、しょっちゅうのどが痛む、声がれ

お問い合わせ

TEL 082-285-3666

営業時間 9:30~18:00
(金曜日及び日曜日は9:30~13:00)
定休日 月曜日・火曜日・その他不定休
※漢方相談は事前にご予約をお願いします。

ご質問などはお電話にてお問い合わせください。